どんな婚活にも利点と欠点があります。

ネット婚活の場合は、こんな感じです。

ネット婚活の利点

  1. 普段の生活では出会えない人と出会える
  2. プロフィールとメッセージのやりとりをして判断できる
  3. 家から外に出なくても婚活できる
  4. 人見知り・奥手でもOK
  5. 他の婚活よりも安い
  6. 出会いのチャンスが多い
  7. 人に知られずに婚活できる

ネット婚活の欠点

  1. 写真と実物ではギャップがある
  2. ヤリモク・既婚者・マルチビジネス勧誘がいる
  3. メッセージのやりとりがめんどくさくなってくる

それでは、ネット婚活の利点と欠点を詳しく紹介していきますね。

疑問女1

ネット婚活をやってみようかと思ってるんですけど、利点と欠点ってなんですか?

ユキさん

これはどの婚活でも言えることではあるけど、普段の生活では出会えない人と出会えるってことね。

正直ハズレの人もいるし、ヤリモクとか既婚者も多いけど、それでも運命の出会いを引き寄せるチャンスがあるのはでかいわ。

それにネット婚活ならプロフィールとメッセージのやりとりであるていどは相手のことを判断しやすいしね。

趣味や好きなこと・価値観が合いそうな人だけを選んで出会えるってことよ。

それと、家にいながらノーメイク・家着のままで婚活できるのはかなり便利だと思うわ。

じっさいに会うときも気合を入れすぎずに普段着でOKっていうのもいいわね。

おしゃれするのがめんどくさい、ひまな時間に婚活できるのはネット婚活最大の利点とも言えるわ。

普通女1

なるほど、たしかにネット婚活なら、スマホがあれば婚活できますもんね。

プロフィールにいろいろ書いてあれば、何が好きなのかとかもわかりそうですし。メイクとか着替えをしなくてもいいっていうのは楽でいいかも。

ユキさん

初対面でいきなり話すのが苦手な人にもおすすめよ。

人見知りとか奥手な人だと婚活パーティーとかは向いていないもの。

メッセージのやりとりをしてるから、じっさいに会うときも共通の話題が作りやすくなってるわ。

他の婚活方法よりも費用が安く済むわね。

無料でおためしができるところも多いし、メッセージが遅れる有料会員になっても月額3,000~4,000円くらいなの。

婚活サイトじゃないけど、マッチングアプリなら女性は無料で使えるところもあるわ。

すべての出会いが当たりってわけじゃないけど、出会いがたくさんあれば、それだけあなたの婚活スキルを上げてくれるのよ。

婚活に慣れるっていう意味でも、出会いのチャンスが多いに越したことはないわね。

田舎とかみたいに閉鎖的な人間関係のところにいる人でも、自分だけでこっそり婚活ができるわ。

場所にとらわれないのはネット婚活のいいところね。

疑問女1

私は婚活パーティーに参加してみたんですけど、たしかにぐいぐいいける感じではなかったです。。

婚活費用はそれぐらいだったら出せそうかな。

ユキさん

写真と実物との間にギャップが生じやすいのはネット婚活の欠点ね。

どうしても人は写真を見栄え良くしてしまいがちだから、実際は写真の3割減くらいに思っていたほうが気が楽よ。

ネット婚活は提出する種類も必要なくて、本人確認だけで利用できるから自分で相手を見極める必要があるわね。

ヤリモクとか既婚者・マルチビジネス勧誘がこっそり使っていたりするの。

そうゆう人を見極めるのができなさそうで不安がある人は、独身証明書とか年収証明書を提出できるところもあるからそっちを使ってみて。

ネット婚活に慣れてくると、メッセージのやりとりがめんどくさくなることもあるわ。

毎回同じ話題の繰り返しだと飽きてきちゃうってことね。

あんまり期待しすぎないで、いい出会いがあればラッキーって思っておくくらいがちょうどいいわ。

 

利点①普段の生活では出会えない人との出会いがある

ネット婚活なら、普段の生活では出会えない人と出会えるチャンスがあります。

たとえば、保育士や看護師などの職場で出会いがない人でも、会社員の人と簡単につながれるということです。

これはどの婚活でも同じことが言えるんですが、ネット婚活はその傾向が強いです。

さらに条件検索をすれば、自分が気になった人にだけアプローチできます。

スマホさえあれば、住んでいる地域・職業・時間にとらわれることがありません。

おたがいが出会おうと思えば、日本全国どこでもOKです。

ここまで考える人はほとんどいませんが、外資系企業が運営しているマッチなら世界25カ国で運営されているので、海外の人と出会おうと思えば出会って結婚できます。

あとは、結婚相談所と比べてみると、わりと普通の人と出会いやすいと思います。

結婚相談所は婚活の最終手段みたいなもので、言い方は悪いんですがあまりもの感があるのは否めません。

40代・50代まで結婚できなくて結婚相談所に登録しているような男性では、性格や価値観などのクセが強い人もいます。

婚活費用も数十万と高く、長所であるカウンセラーの質もじつはピンキリです。

それも大手の結婚相談所ほど、マニュアル通りすぎてカウンセラーには期待できません。(もし結婚相談所を利用するのであれば、親身になってくれる地域密着型のところをおすすめします)

正直に言ってしまうと、ネット婚活はハズレや変な人・既婚者もいたりするけど、自分の頑張り次第でアタリを引けるチャンスがあります。

 

利点②プロフィールとメッセージのやりとりをしてから判断できる

会う前にプロフィールとメッセージのやりとりで、あるていどは相手のことを判断できます。

年齢・職業・年収・住んでいる地域・身長・体型などの基本的なことでしぼり込みをかけることができるんです。

あとは、自己PRで趣味や好きなこと、メッセージのやりとりで気が合いそうかどうかを総合的に判断してから会ってみるかどうかが決めれます。

顔写真を載せていることがほとんどなので、顔の雰囲気もだいたいならわかりますよ。

ただ、最近は加工アプリを使っていることも多いので、じっさいに会ったときにギャップがあることも多いのが難点ですね。

私はあえてちょっと写真写りの悪いものを載せていたほうが、会ったときに順調にいきやすいというマル秘テクニックを活用していました。

 

利点③家でごろごろしながらでも婚活できる

ネット婚活の最大の利点とも言えるのが、家にいながら婚活できることです。

じっさいに出会う段階にいくまでは、メイクしたりおしゃれをする必要がありません。

家から出なくてもいいということは、婚活パーティーや結婚相談所みたいに当日の予約や参加申し込みをしなくてもいいし、メイクをばっちりキメたり、おしゃれする必要がないってことです。

会ってみようかなと思った段階で、初めて気合いを入れればいいので楽なんですよね。

じっさいに会うときも、かしこまったファッションじゃなくて普段どおりの服でいいのもネット婚活のほうが楽ちんです。

わざわざ婚活パーティーやお見合いようにきちんと見える服を買う必要もありません。

おしゃれするのがめんどくさい人や、自分の好きな時間に婚活できるのでマイペースな人にこそネット婚活はおすすめです。

 

利点④人見知りや奥手の人でも婚活しやすい

初対面の人といきなり話すのが苦手でもOKです。

婚活パーティーも結婚相談所も、いきなり初対面の人とコミュニケーションしなければいけないのは気が重いですよね。

初対面でも気にならない人はいいかもしれませんが、コミュ障とまではいかないまでも、人見知りや奥手な人にはけっこう苦痛だったりします。

とくに婚活パーティーや婚活イベント系は、自分が気になった人とマッチングするためにはそれなりに積極性がないと難しいものです。

あなたがいいなと思った人は、たいてい他の人もいいなと思っているからです。

短時間で印象に残るためには、参加しているライバルよりも印象に残る見た目なりコミュニケーション能力が必要です。

ネット婚活はその場にライバルがいないので、1対1のコミュニケーションになるし、メッセージのやりとりも、会うタイミングも自分のペースでできます。

メッセージのやりとりをしてから会うので、じっさいに会ったときも初対面の人よりかは共通の話題で会話しやすくなります。

 

利点⑤他の婚活方法よりも安い

ネット婚活は婚活パーティー・結婚相談所と比べても婚活費用が安いほうですね。

基本的に会員登録は無料なので、どんな人がいるのかおためしをするだけならタダです。

メッセージのやりとりができるようになる有料会員でも、1ヶ月の費用はだいたい3000~4000円ほどなのでそんなに高くないかと思います。

しかも家にいながら婚活できるので、交通費もメイク・服代もかかりません。

婚活サイトではありませんが、「Omiai」with(ウィズ)などのマッチングアプリなら女性は無料のまま使うこともできます。

婚活にそこまでお金をかけられない、安く婚活したいという人にはおすすめです。

 

利点⑥出会いのチャンスが多い

これは直接の利点ではありませんが、出会いの経験値を貯めることができます。

ネット婚活はよくも悪くも出会いがたくさんある婚活方法です。

すべての出会いがアタリではないけれど、チャンスがたくさんあるということは、あなたの婚活のスキルを上げることができるんです。

ようするに、人を見る目を養えるってことですね。

出会いが少ないと、なかなか経験値は貯まらないし、いい出会いに当たるチャンスも低いままです。

いざ運命の出会いにめぐり会ったときに婚活スキルが低いと、そのまま運命の出会いを逃してしまうことにもなりかねません。

婚活に慣れるという意味でも、出会いのチャンスが多いのがネット婚活の利点です。

 

利点⑦自分だけでこっそり婚活できる

ネット婚活は人が少ない田舎でもOKです。

スマホを持っていてネットにつながるところなら、どこでも出会いを作ることができます。

しかも、田舎みたいに閉鎖的な人間関係にとらわれることがないので、自分だけでこっそり婚活をすることができます。

しがらみにとらわれたくない、田舎すぎて人がいない場合でも、ネット婚活を活用して出会いを作ることができます。

婚活パーティーや結婚相談所は、あるていど人が多いところでしかできません。

ネット婚活なら、おたがいが許すのであれば、どこに住んでいても出会うことができます。

 

欠点①写真と実物にギャップがある

ネット婚活は多かれ少なかれ、じっさいに会ってみたときにギャップがあります。

だいたいは悪いほうになんですが、会ってみたら「あれ?写真とちょっと違う…」ということもよくあります。

みんな写真は写り映えするものを選びがちになるからです。

とくに女性のほうが加工アプリでちょっとよく見せようとしている人が多いですね。

男性は加工アプリの使い方すらよくわかっていないこともありますし、どうすれば写真映えするのかも知らなかったりします。

写真についてはどうしようもないので、過度に期待しすぎないようにしましょう。

自分の中では写真の3割減くらいで思っていたほうが気が楽です。

逆に、自分はあえて写り映えしない、なるべくありのままっぽいものを選んだほうが、会ってからもがっかりされずに好印象になりやすいですよ。

 

欠点②ヤリモク・既婚者・マルチビジネス目的の人もいる

結婚相談所のようにカウンセラーが仲介したり、提出する書類もないので、自分で相手のことを判断しないといけません。

婚活パーティーも同じではありますが、ネット婚活は審査がゆるいと言ってもいいでしょう。

本人確認さえできれば、大手でも利用できてしまいます。

こうなると、ヤリモク・既婚者・マルチビジネス目的の人も混じってきてしまいます。

こういった変な人たちを見抜いて避けなければならないのが最大の欠点ですね。

とくに女性はヤリモクと既婚者にだまされないよう、じゅうぶん注意してください。

ただ、独身証明書や年収証明書が提出できるところもあります。

独身証明書を提出できる婚活サイト

  1. ユーブライド
  2. match(マッチ)
  3. ブライダルネット

ネット婚活がもっと広まって、審査が厳しい婚活サイトも出てくれると嬉しいですね。

ネットの婚活サイトで不倫目的の既婚者男性を見抜く方法を紹介します

独身証明・収入証明書があるおすすめのネットの婚活サイトは4つ

 

欠点③メッセージのやりとりがめんどくさくなる

ネット婚活はメッセージのやりとりから始まりますが、それがめんどくさいという面もあります。

初めのうちはメッセージのやりとりも楽しかったりするんですが、だんだんとメッセージのやりとりもめんどくさくなってしまいがちです。

ようするになかなかいい人に出会えなかったりすると、熱が冷めてきてしまうということです。

いきなり音信不通になったり、メッセージのやりとりがつまらなかったり、何回も同じこと・話題の繰り返し、会ってみたら写真とのギャップにがっかりして振り出しに戻ると、どうしてもやる気も失せてしまいます。

かといって、いきなり会うのはヤリモクも多そうで怖いっていう面もあります。

対策としては、疲れないていどにコツコツと続けるのがいいかと思います。

期待しすぎない、いい出会いがあればラッキーくらいの気持ちでいるくらいでちょうどいいです。

あるいは、どうせ会ってみないと相手のことは判断できないと思っているのであれば、「会ってみないとわからないことも多いですし、前置きはほどほどにしておいて、早めに会ってみませんか?」と持ちかけるのもいいでしょう。

これは男性から持ちかけると、相手がネット婚活に慣れていないと不安になってしまうので、メッセージのやりとりがめんどくさいと思っている女性のほうからなら提案してみてもいいかと思います。

 

ネット婚活をするときに気をつけること(とくに女性)

  • 知名度のある規模が大きい婚活サイトを選ぶ
  • 安易に個人情報を教えない
  • 連絡はすぐにブロックできるラインを使う
  • 車や二人っきりになれるような密室は断ろう
  • お付き合いをするまでは食事でお酒を飲まないようにする

知名度のある、規模がそれなりに大きい婚活サイトを選びましょう。

よくわからない婚活サイトを使ってもユーザーが少なくて出会えないですし、万が一詐欺サイトだったら損してしまうだけです。

相手が完全に信頼できるまでは、個人情報を安易に教えないこと。

連絡するときはすぐにブロックできるラインが便利ですね。

デートは車などの密室や、2人きりになるような場所に行かないこと。

デートには電車などの交通機関を利用して、人気のある場所をデートに選びましょう。

男性はそういったことも考えながらデート場所の提案をしてあげれるといいですね。

お酒に関してですが、相手が悪質なやりもくの場合、デートレイプドラッグを仕込まれるかもしれないのでお酒も飲まないほうがいいでしょう。

お酒は付き合うようになってからにしましょう。

怪しいと思ったらすぐに逃げること、自分の身を守れるのは自分です。

ネットの婚活サイトは変な人ばかり?真面目に相手探しをしている人を見つけるコツ

今回紹介した婚活サイトとマッチングアプリ

  1. ユーブライド
  2. match(マッチ)
  3. ブライダルネット
  4. 「Omiai」
  5. with(ウィズ)