「婚活がんばってるのに、なかなかいい相手が見つからなくてもう疲れた…」

婚活していると辛いこととか、落ち込むこともたくさんありますよね。

そんなときにはどうすればいいのか、そのアドバイスができればと思います。

婚活は基本的に大変なことが多いので、あまり必死になりすぎないように意識しなければなりません。

とくに条件を欲張りすぎるとハードルが高くなってしまうので、まずはどうしてもゆずれない条件を1つ決めておくのがポイントです。

また、現在はいろんな婚活方法があるので、まずはためしてみて自分に合っているものを見つけるようにしましょう。

それでは、婚活に疲れたときにどうすればいいのかを、体験談も交えて詳しく紹介していきたいと思います。

 

自分の思い込みを捨てると夢を叶えることができる

最近は婚活という言葉もすっかり定着し、男性も女性も婚活をする方が増えています。

しかし、その一方で婚活に疲れてやる気が出ない、いわゆる婚活疲れになっている方も増えてきています。

「いろいろ手を尽くしてみたけどもう嫌だ!」

「婚活なんてしたくない!!」と、すっかり心が折れてしまったという意見も少なくありません。

では、なぜ婚活疲れになってしまうのでしょうか?

それにはいくつかの理由があります。

ひとつは年齢からくる焦りです。

婚活をしている人は、まだ結婚を考えていない恋愛層に比べて年齢が高くなっています。

つまり、「結婚したいから婚活したい!!」と思うようになるのは、歳を取ってからということになります。

若いうちは「結婚なんてまだ考えられないし、しばらくは遊んでいたいかな〜。」と考えています。

(言いかえると、恋愛していたいという意味でもあります。)

しかし、自分が歳をとるにつれて、「周りの友達も結婚しだしたし、自分も結婚したいかも!」とか、

「このまま独り身も寂しいからどこかにいい結婚相手いないかなぁ。」と思うようになっていきます。

さらに歳をとっていくと、「あれ?気付けば結婚してないの自分だけ?、、、ヤバい!」

「結婚したいんだけど、なかなかいい相手が見つからない!!」と危機感を募らせるようになります。

このように若いうちは結婚に対して興味がなかったり、いずれ結婚できるだろうと余裕に思っていたりしていても、歳をとると少しずつその余裕がなくなっていきます。

特に、子供が欲しいと思っている女性は結婚だけでなく、出産する年齢まで考えなければなりません。

この焦ってもなかなか結果に結びつかない、結婚できない状況にストレスを感じ、婚活疲れになってしまうというわけです。

婚活が長期化すればするほど、焦りばかりが目立ち、次第に婚活疲れであきらめてしまいかねません。

もうひとつは、結婚に対する固定観念を持っている場合です。

自分の結婚に対する理想像とも言えるでしょう。

「婚活するからには、自分にぴったり合う人を見つけなきゃいけない!しかも、相手も自分と結婚したいと思ってる必要がある。」

「いい相手と結婚するからには、ライバルに負けないように自分も磨かなきゃ!!」

このように、◯◯しなきゃいけないとか、自分の結婚はこうあるべきという強迫観念にも似た考えにおちいってしまいます。

たしかに正直に言えば、婚活は決して楽なものではありません。

しかし、「できるだけ早く結婚しなきゃ!」とか、

「自分の結婚相手はこうあるべき!!」という固定観念が大きくなると、現実とのギャップにメンタル面がついていかなくなってしまいます。

その理想と現実との壁を自分で大きくしてしまい、その高さにがく然となってしまいかねません。

では、婚活疲れにならないように婚活を進めるためには、どうすればいいのかを見ていきましょう。

「婚活やめてよかった!」婚活がめんどくさい・しんどい気持ちから解放されるには

 

あなたを幸せにしてくれる人を見つけるコツ

相手の条件にこだわりすぎると、なかなか結婚相手が見つかりません。

「年収はこれくらいなきゃダメ!」とか、「大手企業に就職していないと嫌!」、

「結婚するならイケメン(あるいは美人)がいいなぁ。」などとあれこれ条件をつけて婚活していませんでしょうか?

婚活において相手を見るとき、「この人と結婚したい!」と思う相手や、

「まあ、結婚してもいいかな。」と思う相手、「この人はないな、、、」と思う相手などさまざまな人と出会います。

それらを判断する際に、最初から相手のステータスで結婚相手にならないと除外してしまうことがあります。

自分との相性や価値観ではなく、条件のみで相手を見ていませんでしょうか?

自分がステータスで見ているということは、相手もステータスであなたを結婚相手になるかどうかを判断しています。

もちろん、それがどうしても譲れない条件なら、とことんこだわって探すべきです。

それほどこだわっていない条件なのに、隣の芝は青く見えるではありませんが、「他にももっといい人がいるはず!」と思い込んでしまいます。

しかし、そうやって「他にもっといい人がいるはず!!」と思い込んで婚活すると、相手さえ見つからないという状況になっていきます。

それに加えて、いざいい人が見つかっても、ことごとくアプローチを断られると自信がなくなってしまいます。

最終的には「どうせ自分なんか、、、」と卑屈に考えがちです。

妥協できる点はある程度ゆずって、自分がぜったいに譲れない条件だけにしぼって相手を探してみましょう。

そして、自分と相手との共通点や、価値観で婚活をしていくとうまくいくようになります。

婚活での結婚を諦めたら楽になったっていう話は本当です

 

運命の相手を引き寄せる方法をためしてみよう

婚活方法を変えるのも手のひとつです。

婚活とひとことで言っても、さまざまな方法があります。

大きく分けると3種類あって婚活パーティー・婚活サイト・結婚相談所に分けられます。

婚活疲れになってしまう場合は、ひとつの方法に固執するあまり、「絶対にここで結婚相手を見つけてやる!!」と力んでしまいがちです。

実は他の婚活方法もあるし、そのほうが自分に合っているかもしれない、ということも往々にしてあります。

どんな婚活方法にも、自分に向き不向きがあります。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に合った婚活方法を見つけることが大切です。

婚活パーティーは直接会って話せるのがメリットですが、見た目重視・ステータス重視になりがちです。

直接会うことができるのはいいのですが、時間が限られているのでフィーリングでパッと相手を選ばなければなりません。

そうなると相手との価値観や結婚観が分かりにくくなるので、じっくり相手を見極めたいときには不向きでしょう。

婚活サイトは、自分の好きな時間にいつでも相手探しをできるのがメリットです。

インターネットの特性を活かして、たくさんの会員の中から自分に合いそうな人を探せるのもいいところです。

しかし、自分で活動しなければならないので、コツコツ頑張るのが苦手な方には不向きかと思います。

たくさんメールをしなければなりませんし、実際に会ってみたら想像と違っていたということもあります。

結婚相談所は婚活アドバイザーがついてくれるので、サービスとしてはいたれり尽くせり、「絶対に結婚したい!」というときに利用してみましょう。

自分の希望に合った相手をアドバイザーが見つけてくれるし、お見合いのセッティング、服装など幅広くサポートしてくれます。

ただし、結婚相談所はどこも高額なので、最低でも30万〜40万円ほど費用がかかるのがネックです。

それでも必ず結婚相手が見つかるわけではないので、高額なお金を払った挙句に結婚できないというパターンもあり得ます。

このようにどの婚活方法にもメリット・デメリットがあります。

これらを比較してみて、どの婚活方法が一番自分に合っていそうかを考えてみて、今までとは違ったやり方で婚活してみましょう。

婚活だけに限定せず、普通の出会いを見つけてみるのも全然ありです。

意外なところで結婚相手が見つかることもあるので、焦らず・あきらめずの姿勢で出会いを探し続けていきましょう。

「でも、どうやって婚活したらいいのか、いまいち分からない…」そんなあなたに、とっておきの方法をお教えします。

私がおすすめするその方法とは、ゼクシィ縁結びのアプリをインストールすることです。

ゼクシィ縁結びを使えば、運命の相手を見つけることができるチャンスは十分にあります。

私も友人からゼクシィ縁結びのことを教えてもらい、そこで結婚相手と出会うことができました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • たった3年で会員数65万人を突破
  • 会員の80%が半年以内に出会っている

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

実際、私もなかなかいい出会いがないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

家族や友達に祝福してもらい、今も毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを友人から教えてもらうことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかるはずです。

ゼクシィ縁結びの公式無料アプリはこちら

 

「せきららな婚活事情に気持ちから疲れたときも多々あります」 36歳 会社員 Aさん

20代から30代前半は結婚適齢期と言われているように、何の行動も取らずに結婚する友人も多数いたため、自分もすんなり結婚できる安易な考えで生活していました。

自分が婚活を視野に入れる必要性を感じたのが、アラサーとなる30代に突入してからです。

気づけば周りは既婚者ばかり、いつの間にか遊んでくれる友達が減っていることに気づいたことがキッカケで婚活を始めました。

手始めに、友人主催の某国家公務員の人たちとの合コンに参加しました。

年齢も顔の印象も会話の繋ぎも完璧で、希望していた条件通りでしたが、結婚観を聞いてみると、

身の回りのサポートやマザコンなどを印象付ける内容で、職に執着してはダメだと悟りました。」

「また、大規模合コンでは自由にトークできる立食スタイルで、気になる相手に話しかけてみたらなんと年齢差が10の開きがあり、年齢の壁を感じる結果でした。

30代以降では期待を持たせるくらいなら、バッサリ興味がないと振ってくれる方が早くシフトチェンジできると感じてしまい、

年齢の壁にぶち当たり、婚活に疲れた経験も多々あります。

こんなに婚活に投資しているのに、収穫がゼロのときのむなしさもひしひしと感じました。

社交辞令的なやりとりを交わして疲れたり、数打てば当たるかもしれないことから街コンに参加して飲み友達だけが増えたり、

そもそも合コンに出会いを期待するのに無理があるのかと苦悩するときもあります。」

婚活に投資した費用もかさみ、1ヶ月に1度の飲食費をはじめ、服飾や美容費、タクシー代などに数十万円は使っています。

行動しなければこれまで同様に何も変わらないから、参加できるイベントには積極的に参加していますが、

メリットもあればデメリットもあることは脳裏に焼きつけておきたいところです。

これはイケる気がすると思いアプローチをかけ、食事でもどうですかのラインをしてみたものの、

返信は仕事が忙しい時期なのでまたあらためての内容で、意気消沈したときもあります。

「自分は必要とされていないのではないかと、自問自答することもありますが、

そんな時には内面までもさらけ出せる女友達と気分転換を行って、気持ちをリフレッシュさせています。

あきらめずに活動するためのポイントでもあり、1人カラオケなどもオススメですし、花嫁修行にもつながってストレス発散できる料理などもときには必要だと思います。

頑張ってもできないものはある、そんな気楽さで始めることが周りの既婚者を見ると感じられ、

今まで考えたこともなかった結婚できない理由の1つだと思います。」

「もう嫌だ…」婚活が辛すぎて苦しいときの対処法とは

 

「早く結婚しなければ…という気持ちが不安と焦りに」 23歳 パート Rさん

「「女は若いうちに結婚しておいたほうが良いよ」という知人の言葉に影響され、婚活を始めました。

私が婚活を始めたのは21歳からです。

若すぎると言われるかもしれませんが、家事能力も無い・雇用形態も不安定(パートタイマーで勤務中)ということもあり、はやめに婚活を始めることにしました。」

「私がはじめて参加したのは、大手婚活会社が行っている中規模な婚活パーティーでした。

20代、30代の男性・女性が集まって飲み物を飲みながら出会いを楽しむ、という趣旨のパーティーだったと記憶しています。

「あ、この人良いな」と思った人がいたのですが、フリートークの時は話せず・・・

ただ、最初の自己紹介のときにすごく話がはずんだので、

向こうも私を指名してくれる(男性が指名をしてカップリング成立→発表という流れでした)そう思い込んでいました。」

「この男性がダメでも、他の誰かが私を指名してくれるのではないか・・・

誰も私を指名してくれないなんてことはないだろう・・・そうタカをくくっていたのですが、いざフタを開けてみるとビックリ。

誰からも指名されなかったのです。

呼ばれているのは容姿端麗で器量の良さそうな女性ばかり・・・そこでハッキリ現実を突きつけられました。

婚活パーティーにおいて、一番重視されるのは外見であることを。

そこまで容姿の良くない私がうぬぼれて来ていい場所では無かったと、みじめな気持ちになりました。

一人でトボトボと暗い表情をして家に帰ったのを覚えています。」

「その後、婚活アプリをつかって婚活をするも、見事に惨敗。

というのも、婚活アプリは出会うまでどんな人か分からないからです。

気が合うな」と思って連絡先を交換してみるも、実はマルチ商法勧誘目的だったり、突然音信不通になったり・・・

「良い感じかも」と思って舞い上がっていたら、ある日音信不通&他の人とカップリング成立ということはざらにありました。

一番つらいのは、ある日突然音信不通になることです。

顔合わせをした後、突然連絡がつながらなくなるのは・・・いくら覚悟していても、やはりショックが大きいです。」

早く結婚しなければ」という不安と焦りで、最近は食事もろくに喉を通りません。

あれだけ好きだった漫画や映画も、最近では観る気が起きません。

知人からは「少し休んだ方が良いのでは」というアドバイスをもらいました。

今はぼちぼち、考えすぎないよう適度にやっているという感じです。

結婚相手を見つけるのは、こんなに難しいんだということを身をもって知りました

「私以外にも「婚活に疲れた…」と感じている人がいたら、少しの間だけ休むのも手かもしれません。」

自分だけ結婚できないのがつらい、苦しいという独身アラサー女性へ

 

「もっと若いときに婚活を始めていたら人生は違ったと思う」 32歳 アパレル店員 Kさん

「周りが結婚し始めて、焦り始めた27歳の頃。

もうそろそろ結婚相手探ししようかな、と思い始めました。

20代前半の頃はそこそこモテていたし、つくろうと思えばすぐに彼氏はできるものだと思っていました。

友達と趣味に明け暮れているほうが楽しいし、彼氏は今はいらないや・・・と思って声をかけてくださった男性たちを断ること2年。

そんな私だから、本気を出せばすぐに彼氏もできると思い、婚活パーティに参加しました。」

「たくさんの男性が回ってきて、疲れたけれども連絡先を無事ゲット。

「やっぱりね♪」なんて思っていたけれど、「会ってみてなんか違うな…」と思ってすぐに会わなくなってしまいました。

最初の一回じゃ出会えないものだと思って、再度パーティに参加。

あいかわらず、連絡先はもらえるものの、連絡が続かず自然消滅。

愛想笑いを繰り返すことに疲れたけれど、それでも出会いの場がないからまたパーティへ。

そんなことをくり返していて、あるときやっと「私が望んだとおりの理想の男性」はみんな結婚したり、特定の相手がいること、

婚活市場に乗っている時点で、理想の男性にはなかなか出会えないことに気づきました。」

「そして、出会いの場がないと言い訳している私も、「結婚した女性たちと比べたら残りもの」だということにも気づきました。

最初は高かった理想も、どんどん下げざるをえません。

自分よりも若い女性たちが同じパーティに来ていて、相手をつくっていく姿をみて、心が折れそうになりました。

婚活パーティでは出会えないことに気づいた私は、結婚相談所について調べ始めました。

ここでも感じる歳の壁。

自分のなかではいつまでも若い自分でいたつもりですが、もう若くないという現実を突きつけられた気がしました。

あきらめて友人に紹介を頼もうとしましたが、若いときとは異なり友人は結婚しこどももいるので、そもそも食事に行くことが難しく、紹介どころではありません。」

いよいよ頼りどころがないことに気づき、結婚相談所に登録しました。

相談所に引き合わせていただいた方と、今はお会いしているところです。

悪い方ではありませんが、結婚のために引き合わされている感じで、若いときのようなときめきはありません。

みんなが結婚を始めた時期に、すぐに行動していればもっと違った方と結婚していたかもという思いはぬぐえません。

自分の趣味は結婚後でもできるけれども、結婚には旬があるということを若い私に伝えたいです。

もう新しい方に出会い続けるのにも疲れたので、この辺で結婚しようかと思いますが、妥協の結果が結婚でいいのか悩ましい限りです。」

ゼクシィ縁結びの公式無料アプリはこちら