ネット婚活をするにあたって、変な人がいないか不安になったりしますよね。

ネット婚活では本気で婚活している人も多いですが、変な人ややりもく・マルチビジネス目的の人がいることも事実です。

ネット婚活をするのであれば、そういった変な人たちを避けるようにしなければなりません。

それでは、ネット婚活で変な人を見分ける方法について詳しく見ていきましょう。

疑問女1

ネット婚活を始めてみたいなって思ってるんですけど、ネット婚活って変な人が多いんですか?

ユキさん

ほとんどはごく普通の人だけど、変な人とか、やりもく・マルチビジネス目的の人がいることはたしかね。

そういった人をうまく避けつつ、本気で婚活している人を見つけるようにしていくことが大切ね。

まずは顔写真とメッセージのやりとりで判断することができるわ。

第一印象ってやっぱり大事だし、変な人はメッセージのやりとりをする段階から「あれっ?」って思うことも多いのよ。

困った女性1

たしかに変な人って最初っから変な雰囲気というか、感じがありますよね。

やりもくとかマルチビジネスも嫌だなぁ。。

ユキさん

そういった人たちを避けるには、信頼できる婚活サイトを利用することも大切よ。

本人確認がないと利用できないところを選ぶのは必須ね。

あとは、なるべく収入証明や独身証明があるところを選ぶと、より安全に利用できると思うわ。

普通女1

たしかに本人確認がないところは絶対に使いたくないです。

婚活サイトで収入証明とか独身証明が必要なところもあるんですね。

ユキさん

それに加えて、ちょっとでも怪しいと思ったら、たとえ相手が魅力的でも深入りはしないことね。

やりもくやマルチビジネス目的の人は、自分を隠すのが上手だから気を抜かないようにね。

会う前に通話アプリとかでちょっと会話してみるのもおすすめよ。

会うときも二人っきりになるような車とか密室には行かないように、簡単についていかないように注意して。

普通女1

会う前に通話するのはちょっと面倒なって思っちゃいますね。

でも、会ったときに変な人なのも嫌だし、場合によってはかけてみてもいいのかも。

二人っきりには絶対にならないように気をつけます!

ユキさん

最終確認として、付き合う前に名刺をもらったり、身分証を見せてもらうようにするのもいいと思うわ。

慎重になってもなりすぎるってことはないし、それで相手が怒るようならそんな相手だってことが付き合う前にわかったほうがいいんじゃないかしら。

 

ネット婚活は変な人を避けつつ、アタリの人を探し当てるゲーム

ネット婚活で出会ったちょっと変わった人

  • シャイ過ぎてほとんど会話ができなかった
  • なにかと上から目線
  • 武勇伝、俺自慢ばっかり
  • いい歳して痛々しいファッションをしている
  • 丁寧にお断りしたのに暴言を吐き捨てる
  • あきらかに体目当てのやりもく
  • プロフィールと違いすぎるくらい悪い意味で別人だった

ネット婚活をしていると、生理的に無理な人に出会うこともありますよね。

挙動不審で、おどおどしている人・女性に慣れていなくてまともに会話できない・自己主張ができない優柔不断タイプ・高圧的で失礼な人など、ネット婚活をしていてがっかりしたことがある人もけっこういます。

たしかにネット婚活は玉石混合で、「なんでこんな人がネット婚活してるの?」っていうくらいハイスペックな人もいます。(その場合は職場に出会いがなくて始めた人が多い)

逆に、生理的に無理・気持ち悪い・変な人がいることもたしかです。

これはネット婚活にかぎらず、他の婚活にも言えることですが、既婚者・やりもく・マルチ商法目的なんかもいますね。

変な人を上手に避けつつ、実生活ではおよそ出会えないであろうハイスペックな人、そうでなくても本気で結婚したいと思って活動している普通の人をどうやって掘り当てるかがポイントです。

サクラ・ヤリモク・既婚者・業者の特徴と見分け方:ブライダルネット・ゼクシィ縁結び・ユーブライド

 

まずは写真とメッセージのやりとりで選別しよう

ネット婚活変な人チェックリスト

  • プロフィール写真がナルシストっぽい
  • やたらと自分のステータスを強調している
  • 結婚観が固まりすぎている
  • 年収や職業に信頼性がない
  • 1通1通のメッセージが長すぎる
  • 言葉遣いがいきなりタメ口
  • 怪しいくらい個人情報を聞いてきたがる
  • 会いに誘うのが早すぎる

いわゆる当たりの人をどうやって掘り当てるかは、まず写真の第一印象で決めてしまうことです。

婚活サイトは会ってみるまでは相手がどんな人なのかわからないものですが、それでも写真とプロフィールからあるていどのことは判断できます。

もうひとつは、メッセージのやりとりをしっかりすることです。

メッセージの段階で「なんかこの人いまいちかも?」と感じていたら、じっさいに会ってみてもいまいちであることが多いものです。

ネット婚活は会うまでのやりとりがめんどくさいと思う人もいますが、写真とメッセージで相手を選別できるという見方もできます。

こういった相手をふるいにかける作業がめんどくさい人は、婚活サイトよりも婚活パーティーのほうが向いていますね。

ネットの婚活サイトで不倫目的の既婚者男性を見抜く方法を紹介します

 

本人確認がある婚活サイトの利用は必須条件

おすすめの婚活サイト

1位:ゼクシィ縁結び「婚活サイトでは一番大手で知名度が高い」

2位:ユーブライド「サイトが非常に使いやすい、便利な機能がたくさんある、アプリもある」

3位:Omiai「会員数が300万人を超えている日本最大級の婚活アプリ」

4位:match(マッチ)「外資系の婚活サイト、世界25カ国でサービスを展開している」

 

ネット婚活をするなら、最低限、本人確認ができるところを利用しましょう。

ネット婚活ではなりすましやプロフィールを偽ることが比較的簡単です。

なので、本人確認をしっかり行なっているところでないと、どうしても変な人の割合が多くなってしまいます。

できれば収入証明・独身証明書の提出があるところを選ぶとより安全性も増しますね。

独身証明・収入証明書があるおすすめのネットの婚活サイトは4つ

 

ちょっとでも怪しいなと思ったら会うのをやめておく

婚活サイトは変な人もいるけど、普通の人も多いです。

が、用心するに越したことはないので、利用するなら用心深くいるようにしましょう。

相手が本気で婚活しているかどうかを自分で判断することが大切です。

ちょっとでも怪しいなと思ったら、たとえハイスペックでも警戒をおこたらないこと。

相手のプロフィールが本物かどうかをしっかり判定しておかないと、相手がやりもくの可能性もあるので気をつけましょう。

婚活サイトで出会ったことがある人の中でも、普通の人にしか会ったことないっていう人もいます。

それは変な人に当たらなかった運の良さもありますが、それ以上に写真とメッセージのやりとりできちんと相手を見抜いているからだと思います。

会ってからもプロフィールが本当かどうか、さりげなく探りを入れていたりするものです。

まあ、変な人・気持ち悪い人は、メッセージの段階でヤバそうな雰囲気があるものですけどね。

常識の範囲内で年相応の会話のやりとりができる人じゃないと会ってはダメってことですね。

それでも不安な人は、じっさいに会ってみる前に5〜10分と時間を決めておいて、ラインとかの通話アプリで電話してみるのもおすすめですよ。

ライン電話ならタダだし、相手の雰囲気もちょっとはわかるかと思います。

「電話で何話したらいいの?」と思われる方もいるでしょうが、世間話をすることが大事です。

世間話にこそ、その人となりが現れるものなんですよ。

たとえば、「なんて呼んだらいいですか?」「職場はどこ?」「住んでるところは?」「休みの日は何してるの?」など、普通の会話・日常生活を聞いてみましょう。

そうすると、変な人は変な感じがするし、気持ち悪い人は生理的に受けつけないでしょうね。

チャラい人はそういった雰囲気が伝わってきます。

相手が信頼できるまでは、会うときも車や密室など、二人っきりになるようなところは避けましょう。

普通にデートするならそういった場所を選ばなくてもデートはできます。

ネットの婚活サイト・マッチングアプリで出会った男性の本気度を見分ける方法

 

最終確認として身分証を見せてもらおう

最終確認として、付き合う前に名刺をもらうか、身分証は見せてもらいましょう。

年齢や住所を偽っている可能性もゼロではないですからね。

慎重に慎重を重ねるなら、「いちおう聞いておくけど、既婚者じゃないよね?」と聞いてみるのもいいでしょう。

慎重になってもなりすぎることはないし、それで怒るような相手は最初からハズレだったんです。

要するに、相手に誠意があるかどうかをしっかり確認することが大事ですね。

今回紹介したおすすめの婚活サイト

  1. ゼクシィ縁結び
  2. ユーブライド
  3. Omiai
  4. match(マッチ)

 

ネット婚活の利点・欠点を詳しく解説します