ネット婚活って便利な反面で、本当にこれで結婚相手が見つかるのかどうか疑問に思う人もいますよね。

「ネット婚活って言ったって、どうせ出会い系とたいして変わらないんでしょ?」と思っている人もいます。

はっきり言って、基本的な仕組みはネット婚活も出会い系サイトも同じなんですよね。

登録してプロフィールを設定して、気になった相手がいたらマッチングしてメッセージのやりとりをする。

それで会ってみてもいいかな〜って思たらデートに誘う。(あるいは、デートの誘いを受ける)

だいたいの流れはこんな感じなので、ネット婚活も出会い系サイトも変わりません。

出会い系サイトと婚活サイトの違いは、結婚したいと思っている人が利用しているかどうかくらいですね。

婚活サイトにも出会い系サイトと同じように、遊び目的・詐欺サイトに誘導させる業者がいたりもするんですけど、本気で結婚したくて利用している人たちがいることもたしかなんですよ。

本気で結婚したいと思っている人たちとの出会いを作っていけば、あなたが幸せな結婚を手にするのは不可能ではありません。

 

ネット婚活は信頼を築くのに時間がかかる

本気で結婚相手を探しているのか、それとも遊び目的なのかをきちんと見分ける必要があります。

付き合う前の段階で雰囲気に流されてエッチしてしまわないように、ガードはしっかり上げて警戒しておきましょう。

「私はそんな男にはダマされない」って思っていても、相手も言葉巧みに誘導してきますからね。

一番簡単なのは、付き合う前にエッチもキスもしない、付き合うときは身分をきちんと明かしてもらい、二人で同時に婚活サイトを退会することですね。

遊び目的の人は自分の住所や勤め先などを明かしたがらないものなんですよ。

だって、既婚者だったら住所を知られたくないし、会社にプライベートなトラブルを持ち込みたくないでしょうからね。

付き合うことになったら身分証を見せてもらう、名刺をもらっておくことは婚活において自分を守るための手段です。

付き合う段階ですら、自分の身分を明かさないような相手は真剣じゃない、遊び目的の可能性大です。

だって、本気で結婚したいと思っているのであれば、これくらいは簡単にできますよ。

身分証を見せない、名刺を渡さないのはやましいことがあるからなんですね。

「俺のこと信用してないの?」なんて言われても、当たり前ですよね(笑)

「だって、あなたのこと何も知らないでしょ」って感じです。

おたがいに身分証を見せ合うときに「そっちこそ、結婚詐欺師とかじゃないよね?」って疑ってきて見せないならそれまでです。

おたがいに縁がなかったってことになります。

婚活での出会いは信頼を積み重ねていくことが大事なんですよ。

友達の紹介や会社で出会うのは、あるていど相手を信頼できているからこそ、恋愛関係に発展していくんです。

婚活は見ず知らずの二人が、おたがいに相手のことを信頼する、自分のことを信頼してもらうところから始まります。

だからこそ難しいし、簡単にいかないのは当たり前のことなんです。

まずは自分のことをきちんと守る、会って2・3回目に雰囲気に流されてエッチをしない。

これができてこそ、ネット婚活で幸せになれる結婚相手を探すことができます。

ネットの婚活サイト・マッチングアプリで出会った男性の本気度を見分ける方法

ペアーズやOmiaiにサクラバイトはいないけど、詐欺ってくる悪質な業者に注意

ただ、それができればネット婚活は簡単に相手が見つかるかっていうと、そうでもありませんけどね。

あなたが気に入っても相手がそうじゃなかったり、逆に相手に気に入られてアプローチされてもあなたが気を惹かれないこともよくあります。

ただ、出会いがまったくないって悩んでいるよりは、婚活サイトを利用したほうがよっぽど成果があると思いますけどね。

婚活サイトならスマホさえあればいつでもどこでも結婚相手探しができるようになるし、職場に出会いがなくても、平日休みの人でもOKです。

婚活って出会いがあってなんぼですからね。

そういった意味合いでは初心者が婚活をスタートさせるのには最適なんじゃないでしょうか。

ネット婚活でコミュニケーション能力を磨いたり、自分磨きのためのいろんな人と会ってみるのも立派な婚活です。

自分に自信がついてくるようになったら、他の婚活を始めてみるのもいいでしょう。

婚活サイトで出会いがあるかもしれないし、そこでの経験は決して無駄にはならないはずです。

 

最初からうまくいく婚活なんて存在しない

なぜネット婚活が難しいのかというと、みんな同時並行でキープしながら、様子見をみながら活動しているからなんですよね。

婚活サイトではたくさんの人に同時にアプローチできますし、じっさいにそのうちの何人かは会うこともあるでしょう。

その中で2、3人くらいの人は「この人は…まあまあかな!」なんてキープしちゃったり。

男性・女性にかぎらず、ハイスペックな人ほど複数人数をキープしちゃったりなんてするんですよね。

「この調子ならもうちょっといい人と出会えるかも!」なんて感じでね。

手軽に出会える分だけ、ひとつひとつの出会いが軽くなるっていうか、「まだ次があるさ」っていう気持ちになっちゃいがちです。

婚活パーティーとか他の婚活でも同じことが言えるんですが、婚活サイトのほうがひとつひとつの出会いが薄くなる傾向があるのは否定できません。

もちろんそれが悪いって言いたいわけじゃないんですよ。

誰でもいい人と出会いたいし、結婚となるとよけいにそうゆう気持ちになります。

自分がキープするなら相手もキープしていることがあるし、おたがいさまなんですよね。

ちなみに、「この人モテそうだなぁ」って思うような人は、ネット婚活でも間違いなくモテています。

むしろ、普通の出会いよりもモテるんじゃないかな。

だって、普通の出会いならその人の環境によっていろいろ左右されるからね。

でも、ネット婚活はスマホ一台あれば、いつでもどこでも自分の職場環境・休みの日なんかに左右されることなく出会いのチャンスが作れるわけだから、当然モテる人はモテまくることになります。

たとえば、職業が看護師・美容師・保育士・アパレル関係など、人間関係が狭い環境にいる人だと、職場での出会いは期待できなくなります。

しかも休みが不定休だったりしたら、出会いを作るのも難しいですよね。

会社員でも職場に出会いがなく、友達からの紹介も期待できないっていう人はたくさんいます。

見た目もいいし、性格もいい、でも出会いがないだけ。

そんな人がネット婚活をしたら、それはもうモテにモテまくります。

あなたがいいなって思っている人は、他の人もいいなって思っているっていうことですね。

そんな倍率の高い人を狙うなら、難しいのは当たり前なんですよね。

最初からうまくいくことなんてないっていうことを承知しておかないと、「あー…やっぱりネット婚活って難しいんだなぁ」ってあきらめちゃうんですよ。

「え?もうあきらめるの?まだなにも始まってもいないのに…」っていう人がたまにいます。

ネット婚活は「まあ、いい人と出会うのは難しいよね。でも、あきらめずに続けてたら、両思いになれるいい人が見つかるかも」くらいの心構えでちょうどよくなります。

有り体にいえば、「失敗して当たり前なのが婚活」っていうことです。

もし婚活で「この人、モテるんだろうな」っていう人にアプローチするのであれば、男女問わず積極性は必要になります。

もちろんがむしゃらにガンガンいけばいいってものでもありません。

では、どうすればいいのかというと、相手に最大限の興味を持って接することです。

人は自分に興味を持ってくれる人に好意を抱きやすいんですよ。

居心地のいい雰囲気作りが上手いっていうんですかね。

自分の話を否定せず、逆に興味を持って話を聞いてくれる。(婚活中ってつまらない話も多いのですが、それを態度に示さない)

そのためには相手をよく観察して、「この人はどんな人なんだろう?」と推測していきます。

詳しくはまた別ページで公開していきたいと思うので、楽しみにしていてください。

 

ネット婚活で失敗したときの対処法

「もう何十人もアプローチしてるのに一人も出会えない…」

「100人会ったけど、いい人が見つからなかった。。」という人もいます。

ネット婚活で1人も出会えないという場合は、あなたのプロフィールか顔写真・メッセージのやりとりの仕方がよくないということです。

そういう場合は、アプローチの仕方が間違っているか、自分が求める条件が高すぎるという場合が多いです。

【男女別】婚活サイトでアプローチされやすい顔写真の撮り方

【男女別】婚活サイトで結婚できるプロフィールの書き方【例文あり】

ネット婚活は直接会う前にプロフィールと顔写真・メッセージのやりとりだけで相手と会うかどうかを決めることになります。

会って話す前にそれらの要素だけで相手を決めることになるんですよね。

なので、ネット婚活で1人でも多くの人と出会いたいのであれば、プロフィールをしっかり作ることと、顔写真の撮り方をマスターすることです。

これらのことがしっかりできていれば、ネット婚活で出会いを作ることはそれほど難しいことではありません。

また、実際に会ったのにダメだったときの原因を特定するのはけっこう難しいんですよ。

「見た目がダメだったのかな」とか、「ファッションがいまいちだったのかな」、「会話が楽しくなかった」「雰囲気が合わない」「価値観にズレがあった」「他にいい人が見つかったのかも」と、考え始めたらキリがありません。

婚活で失敗した原因を考え出すとキリがないし、自分で落ち込む負のスパイラルに陥ってしまうだけなんですよね。

あきらかに失敗した原因がわかっているならそれを改善すればいいだけなんですが、そもそも失敗した原因なんてはっきりしないことのほうが多いですし、「なんとなくあわなさそう…」っていうことのほうが多いくらいです。

なので、失敗したことをあまり深く考えすぎないで、次に切り替えたほうがいいですね。

そのほうがいい人に巡り会える可能性も高くなるし、経験値やスキルアップにつながることのほうが結婚への道を歩んでいることになりますよ。

【詳しい例文・内容あり】ペアーズやOmiaiでメッセージが続かない方へ

ゼクシィ縁結びでマッチング後のメッセージを送る7つのコツ【例文あり】

 

ネット婚活で運命の相手を見つけるためには

重要なのは、ネット婚活でも結婚したいと思える運命の相手に出会えるかどうかですよね。

先ほども言ったように、あなたが気に入っていても、相手にその気がなかったり、相手からアプローチされても、あなたにその気がなかったりします。

「じゃあ、どうすれば結婚につながる出会いになるの?」っていうことですが、こればっかりはいつその出会いがあるかわからないんですよ。

何気なしに使ってみた婚活サイトで結婚相手がすぐ見つかったり、1年以上婚活をがんばりにがんばって、あきらめかけたそのときに結婚相手と出会ったり。

出会いっていつどこで誰と出会うか決まっていないから難しいんですよね。

それが結婚相手となるとなおさらです。

ただ、ひとつ言えることは、価値観や相性を重視して相手を探していったほうがいい出会いにつながります。

ネット婚活だからと言って相性がいい相手と出会えないというわけではありませんし、逆にいろんな人と出会うことによって、本当に自分が結婚したいと思える相手がどんな人なのかがわかってきます。

相性のいい結婚相手の見極め方とは

結婚って、オンリーワンの相手を決めることです。

出会いがたくさんあればそれに越したことはありませんが、結婚できる相手は1人です。

同時に2人も3人もとは結婚できません。

なので、もし本気で結婚したいのであれば、「あなたがオンリーワンなんです」ということを態度で示す必要があります。

だって、「あなたはオンリーワンじゃないけど、まあまあだからキープしています」なんて態度の人と結婚したいと思いませんよね?

私だったら絶対に嫌です。

オンリーワンの人を見つけることは難しいですし、理想ばかり追い求めていてもそんな相手と出会って結婚するのも難しい。

恋愛から結婚にいたることが多いのは、関係性がオンリーワンになるからなんですよ。

腐れ縁ってわけじゃないんですが、出会いから付き合うまでの流れ・関係性、付き合ってからプロポーズして(プロポーズされる)までの関係性が特別なオンリーワンになるから結婚したいと思うようになるんですよ。

婚活ではその特別な関係性が築きにくいんですよね。

では、婚活で結婚相手としての決め手は、自分で決めるしかないんです。

ネット婚活に限らず、婚活ではいろんな人と出会います。

その中で、「こうゆう人となら結婚したい!」という決め手を自分自身であらかじめ決めておくことです。

そうすれば、それに見合う相手をしぼり込むことができるはずです。

肝心の条件はひとりひとり違うので一概には言えません。

笑顔で決める人もいれば、タバコを吸わない・同じ趣味がある・子供が好き、などもありますし、年収・職業などのステータスを重視する人もいるでしょう。

自分なりに結婚するのに何を重要視するのかをはっきりさせることをおすすめします。

そのためにも、婚活サイトを利用していろんな人と出会い、自分なりの結婚相手像をはっきりさせてみましょう。

そして、もし結婚したいと思える相手に出会ったら、キープなんて打算的なことを考えず、決意を固めてアプローチしてみてください。

「この人、かなり私の理想に近いけど、もしかしたらそれ以上の人がいるかもしれない」なんてスケベ心を出すと、せっかくのチャンスを逃してしまいますよ。

もしその出会いが失敗になってしまったとしたら、それはそれで気持ちを切り替えてまた頑張るしかありません。

そんな出会いすらないという人は、ネット婚活でも他の婚活でも、とにかくいろんな人と出会って結婚したいと思える決め手をはっきりさせましょう。

婚活はその繰り返しで、ネット婚活に限らずもともと難しいものなんですよね。

うまくいかないことを覚悟のうえで、どうやったら理想に近い人と出会って、どうやってアプローチすればいいのかをひたすら試行錯誤していく必要があります。

そこまで頑張ってみて、ネット婚活は合わないなと思ったら、他の婚活方法もためせばいいんですよ。

なにも婚活サイトで出会うだけが婚活じゃありませんからね。

ただ、今までに言ったことは多少の差はあれど、他の婚活方法でも同じことです。

いろんな婚活をためしてみて、自分に合うものを見つけていきましょう。

そうやっていろいろためしているうちに、ふとしたきっかけで運命の出会いは見つかったりするものです。

「でも、どこで婚活を始めるのが一番いいんだろう…」

「婚活初心者にもおすすめな方法って、何かないかな?」と悩んでいる人もいることでしょう。

そんな方には、ゼクシィ縁結びをおすすめしています。

ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料の会員登録をしてみてください。

きっとあなたも運命の結婚相手と出会えるはずです。

ゼクシィ縁結びの公式サイトはこちら

 

婚活が難しいのは当たり前の話

婚活ってどうしても人海戦術というか、あるていどは数をこなす必要があるんですよね。

たったの2〜3人でささっと結婚してしまう人もいれば、100人会ってようやく結婚相手と出会ったという人もいます。

100人以上と会ってもいまだに結婚相手が見つからないと悩んでいる人もいたりします。(その場合は結婚相手に求める条件が高すぎる可能性あり)

「私って高望みしすぎ?」アラフォー・アラサーの独身女性が婚活で年収600~1000万の男性を狙って結婚する方法

どこでどう決めるかはあなたしだいです。

あなたが納得できるまで婚活してもいいですし、自分の条件が高すぎるなと感じたら下げればいいし、理想を追い求めるならとことん頑張ってみるのもいいでしょう。

もちろん会ってみたら「この人だ!」って思たら、直感で決めてもOKです。

あなたが幸せになるための婚活です。

自分が納得して結婚できる相手はどうなのかを考えてみてください。

ネット婚活を成功させるためには、無駄・無理っていう先入観を一度とっぱらったほうがいいですね。

そもそも婚活なんてどれも難しいし、大変なんですよ。

やれ婚活パーティーでは見た目と年齢が重視されて若くて可愛い女性・イケメンハイステータスの男がちやほやされるし、結婚相談所でも大金払ってるのにぜんぜんいい人がいなかったり。

ネット婚活に限らず、どの婚活でも難しいし、大変なんです。

それが普通って思えれば、「ネット婚活なんて無駄」、「婚活サイトでいい人と出会おうなんて無理」っていう意識もなくなります。

自己評価が低すぎるのもあれですが、ダメでもともとって思えれば、どんどん婚活を進めていくことができるはずです。

ここまで読んでくださった方で、「ネット婚活って、他の婚活と比べて特別難しいわけじゃなさそうだな」、「婚活サイトで結婚相手を探すのは無駄じゃないかも」って思えたのなら、そのままネット婚活を頑張ってみてください。

逆に、「うーん、やっぱりこのままネット婚活続けても無駄かな」と思った方は、他の婚活をためしてみましょう。

婚活ってネット婚活だけじゃないし、いろんな方法があります。

人それぞれ自分に合った方法があるはずなので、ぜひいろいろためしてみてください。

無理をしてネット婚活を続ける必要もありません。

 

このページのまとめ

・ネット婚活では信頼を積み重ねることが大事

・失敗して当たり前だと思っているくらいでちょうどいい

・ダメだったときは早めに気持ちを切り替える

・いろんな人と出会って結婚したいと思える決め手を見つけること

以上、婚活サイトで結婚は難しいし無理?ネット婚活は本当に無駄なのか検証した結果でした。