みなさんもうすうす気づいているとは思いますが、婚活サイトやマッチングアプリでは写真は非常に重要です。

どんな婚活紹介サイトでも言われていることなんですが、本っ当に婚活サイトでは写真が重要です。

お決まりですが、大事なことなので2回言いました。

 

顔写真でプロフィールを読むかどうか判断している

婚活サイトは使ってみるとわかるんですが、登録してプロフィールを設定して、いざ会員検索をして良さそうな相手を探していきますよね。

男性の場合だと自分で気になった相手を見つけることになりますし、女性の場合はいいね!とかでアプローチしてくれた男性の中から良さそうな相手を探していくことになります。

プロフィール検索をしたり、おすすめ紹介された会員の一覧には、顔写真とちょっとしたプロフィールデータしか載らないんですよ。

まず顔写真が目立つように載っていて、あとはニックネーム・年齢・住んでいる地域・一言PRくらいしか最初はわかりません。

たったこれだけの情報で、「この人ちょっと気になるかも?」って思われて、はじめてプロフィールをじっくり見てもらえるようになります。

つまり、最初のとっかかりとして顔写真のウエイトがかなり大きくなっているんです。

婚活サイトにはたくさんの人が登録していますけど、その中で「あっ、この人いいかも」と思えるのが2〜3割くらいでしょうか。

その中から、少しでもいい人と出会いたいと思うのであれば、写真を厳選して載せておく必要があります。

ちなみに、メラビアンの法則というものがありますけど、第一印象は3秒で決まるとか、見た目が9割っていうのは世間が勝手に解釈したものですからね。

 この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験である。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。

詳しい研究内容をここで長々と説明はしませんけど、本当のメラビアンの法則とは違うということは言っておきます。

人は見た目が9割なんて言われたりもしますけど、9割は言い過ぎだとしても、婚活サイトで顔写真が重要なことに変わりはありません。

会員の検索結果にプロフィール情報がほとんど出てこない以上は、最初はほぼ顔写真で判断しているのがまぎれもない事実です。

「じゃあ、イケメンや美人のほうが有利なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、残念ながら?その通りです。

世の中でもイケメンや美人が得をするのと同様に、婚活サイトでもイケメン・美人が有利になります。

しかし、だからと言って、幸せな結婚ができないというわけではありません。

どんなにイケメン・美人が得をすると言われようが、ブサイクな人だって幸せな結婚はできるんですよ。

これだけは何があってもゆずれません、断言できます。

イケメン・美人より苦戦することはあるかもしれませんが、幸せな結婚は必ずできます。

話が少しずれてしまいましたが、ここから婚活サイト・マッチングアプリに載せる写真をどんな風に撮ればいいのかを説明していきます。

顔の作りを変えることはできませんが、写真の撮り方で顔の見せ方はいくらでも変えることができます。

婚活サイトに載せる写真は3〜4枚くらい載せておいたほうがいいですね。

1枚だとまだまだどんな感じの人なのかイメージが湧きづらいんですよ。

3〜4枚くらい載せておいたほうが、「こんな感じの人なんだな」っていうイメージがつきやすくなります。

・1枚目は上半身アップの写真

・2〜4枚目は全身が写っている、あるいは別のシュチュエーションで撮った写真

これぐらいあれば万全です。

ちなみに、花とか物とかを撮った写真を載せている人がいますけど、あれはあんまり意味ないですね。

知りたいのは人であって、花とか旅行先の写真とか別に知りたいわけじゃないですから。

写真で会話のネタになるのは飼っているペットくらいですかね。

ペットといっしょに写っている写真は好感度も高いし、会話のネタになるんで、もしあれば積極的に載せていきましょう。

ちなみに、婚活サイトに写真なんか載ってけても大丈夫?と心配する人がたまにいますけど、はっきり言ってぜんぜん大丈夫です。

インスタに自撮りを載せまくる時代ですし、婚活サイトだからって危ないわけじゃありません。

しいて言うのであれば、ゼクシィ縁結びなどの安全性の高い大手の婚活サイト・マッチングアプリを利用することをおすすめします。

安全面に関しては、そのほうがよっぽど信頼できますね。

まあ知名度の高いところを利用していれば、それほど心配する必要はありません。

 

(女性編)男性からアプローチされる顔写真の撮り方

婚活サイト・マッチングアプリにおいても、少しでも綺麗に、可愛く見せたほうが男性からのアプローチは増えます。

なんだかんだ言っても、最初は顔で選ばれます。(あと年齢も重要)

ちょっとでも綺麗に、可愛く見える工夫をすることです。

そのためにはちょっとくらい顔が隠れててもOKなんです。

マスクやスタンプであからさまに顔を隠すのはナシですよ。

さすがにそこまでやると、かえって「この人、実際に会ったときにどうなんだろう?」と怪しまれるのでNGです。

でも、顔映りがいいようには顔の角度を変えてみたり、ライティングを変えてみたり、顔に手を当ててみたりするくらいはOKです。

あんまりはっきりくっきり見せすぎると顔のアラが目立ってしまうんですよね。

年齢的に気になるシワとか肌の感じが隠せるくらいのごまかしはOKだけど、あんまり不鮮明だとぼんやりしすぎるので、ここらへんはさじ加減が重要です。

自撮り写真を載せるときはいくらでも撮り直しができるので、納得いくまで撮りまくりましょう。

何枚も自撮りしまくれば、そのうちの何枚かは見栄えするものが撮れるはずです。

「私はあんまり自信がないんだけど…」という場合でもいいんですよ。

それっぽく撮れていれば、婚活サイトに載せる写真としてはOKです。

まずはいい人とマッチングすることが第1目標ですからね。

顔が見え無さすぎてもいけないし、アラが見えすぎるくらいはっきり撮るのもいただけません。

顔はそれなりにわかるけど、見せたくないアラはうまく隠す。

これが婚活サイトでの上手な顔写真の載せ方です。

写真でアプローチされる男性の質が上がるんですから、ここを頑張っておいても損はありませんよ。

アプローチしてくれる男性の反応を見ながら、顔写真を変更していくのもいいですね。

また、写真に自信がない方こそ、プロフィールをしっかり書いておきましょう。

先ほども言いましたが、顔だけですべてが判断されるわけではありません。

むしろ、価値観が合う・相性がいい人を見つけたいのであれば、プロフィールのほうを充実させたほうがいいくらいですね。

顔で判断するのが悪いとは言いませんし、それが普通だとも思っています。

でも、顔だけで判断しない人がいることも事実です。

婚活サイトの自己紹介文で書いておきたい定型文・自己PRはこれ!

 

顔写真は1枚だけでも載せておくこと

せめて顔がわかる写真を1枚でも載せておくことが前提です。

たまに遠くからとか、なにかもので隠したり、ぼんやりとした顔しか載せていない人がいるんですけど、それじゃあいい人とはマッチングできません。

「うーん、写真は載せてるけど、これじゃよくわからないなぁ。。」って思われて別の人のプロフィールに移ってしまいます。

とりあえず顔が「それなりに」認識できる写真を一枚は用意しておきましょう。

「それなりに」というところがポイントで、あんまりはっきりくっきりと顔を撮るとアラが目立ってしまうんですよね。

美人・イケメンに見える顔っていうのは顔のパーツだけじゃなくて、バランスも大事なんです。

写真であれば、バランスをうまくごまかすことができますし、自撮りすれば自分で調整ができますからね。

友達が撮ったものは微調整できませんけど、自然な感じの自分を載せることができます。

友達と遊びに行ったり、旅行に行ったりしたときに撮った写真があればいいですね。

よく撮れているものがあれば、それだけでもいいですし、自撮りの写真を追加してもOKです。

 

(男性編)女性とのマッチング率を高くする写真の撮り方

男性が自撮りをするときは、誠実さ・清潔感が出るような演出をしてください。

女性が婚活サイトで出会いたい男性は、おしゃれである必要はないんですよ。

結婚したいと思える男性はむしろ、誠実で清潔感のある爽やかな男性です。

とは言っても、特別なことをする必要はありません。

ちょっとした工夫をするだけで、見栄えのいい写真を撮ることができます。

服装については、ぜったいに襟付きのシャツを着るべきです。

Tシャツだと、どうしても生活感が出ちゃうというか、カジュアルすぎるんですよね。

襟付きのシャツは品が良く、清潔感を出すための絶好のアイテムです。

ジャケットはあってもなくてもどっちでも大丈夫です。

そこまでキメ過ぎる必要はありませんし、あればまあ着てもいいかなくらいですね。

とりあえず襟付きのシャツさえあれば、自撮りはなんとかなります。

おすすめはネイビーか白シャツが、清潔感と誠実さを演出することができます。

髪型も顔の印象を左右する重要なポイントなので、ちゃんとセットしてから撮ったほうがいいですね。

基本的には短めのさっぱりしたショートヘアーが女性へのウケは良好です。

これは婚活サイトにかぎらず、どんな場合でも無難に人気があります。

さっぱりしたショートヘアーは清潔感があり、爽やかな印象にしやすいです。

清楚な女子アナっぽい女性がモテるように、清潔感のある爽やかな男性は年齢層関係なくモテる要素になるからです。

もしこれから美容院で髪の毛を切ってもらうのであれば、「短めのこんな感じで…」と言いながら、ホットペッパービューティーのメンズショートヘアーカタログの写真を見せながら、美容師さんと相談しながら決めましょう。

男性は友達に撮ってもらった写真なんてなかなかないので、基本的には自撮りになります。

自撮りでうまく撮れば、いい人とマッチングできるようになりますよ。

 

婚活サイトに載せるための自撮りの仕方

基本的に自撮りをするときにかまえるカメラの角度は自分の正面から外側に45度開いて、さらに20度くらい上に持っていくことです。

ちょうど右ななめ上(あるいは、左ななめ上)から撮る位置にカメラを構えましょう。

顔は左右で違っているのが普通なので、かならず右と左の両側から撮って比べてみてください。

そのあたりから微調整してもっと腕を上にもっていったり、少し正面から撮る位置に調整していきます。

この位置から自撮りをすると、上目遣いで目を大きく見せることができます。

さらに小顔効果で顔がシャープで小さく見せることができるんですよ。

あとはあごを少し引いたりしながらやりすぎない程度に小顔にしちゃいましょう。

自撮りを説明している動画があったので、そちらも参考にしてみてください。

笑顔の作り方ですけど、あんまり意識して笑いすぎないようにしたほうがいいですね。

ちょっと口角をあげてふふって笑ってるかなくらいのほうが自然に見えます。

目が細くなるぐらい笑おうとしなくて大丈夫です。

自撮りでは、微笑んでるくらいのほうが好感度は高いんですよ。

手や、物を持ったりして顔の一部を隠すのも効果的です。

顔を写真内に全部入れないようにするっていうテクニックもありますよ。

加工については、やりすぎない程度に修正を入れるのはぜんぜんありです。

自然に見える範囲内で、気になるところをささっと修正しちゃいましょう。

B612などの修正系の加工アプリを使うと、自然かつキレイに仕上げることができますよ。

あんまり暗いところで撮るとうまく写らないので、明るいところで撮ることをおすすめします。

とはいえ、蛍光灯だとアラが目立ってしまいすぎるので、自然光が一番ですね。

夕方の逆光・朝の窓際などで撮ると綺麗に撮ることができますよ。

 

婚活サイトでアプローチされやすい顔写真の撮り方のまとめ

・プロフィールを読まれるためには顔写真が重要になる

・できれば3〜4枚ほど顔写真を載せておくといい

・相性がいい人とマッチングしたいならプロフィールをしっかり書いておく

・男性は誠実で清潔感のある写真になるように工夫する

・自撮りは納得のいくまで何枚も撮ること

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼

ゼクシィ縁結び