「婚活がんばってはいるんだけど、なかなかうまくいかなくてもう疲れた…」

婚活はいざやってみると大変なことばかりで疲れてしまいますよね。

そんなときにはどうすればいいのか、いくつかのアドバイスを差し上げることができます。

いちばん手っ取り早くて効果があるのは、イメチェンをすることです。

あるいは、まだためしていない婚活方法を実践してみるのもいいでしょう。

なんなら思いきって一度婚活をやめてみるのも、将来や今を見直してみるためにはおすすめです。

それでは、婚活に疲れてしまったときにどうすればいいのか、詳しくご紹介していきます。

 

短時間でいちばん効果があるのは見た目を変えること

婚活でいまいち成果が出ないと思うときは、見た目をいっきにイメチェンしてしまうのがいちばん効果的です。

というのも、手っ取り早くいちばん効果があるのは見た目だからです。

年収や職業・ステータス・性格なんてものは、そう簡単に変えることができませんよね。

しかし、見た目であれば美容院に行って清潔感のある髪型にしたり、服も女性受けするような爽やかで大人っぽい服に変えることができます。

婚活がうまくいかないときは、そのまま続けていてもなかなか成果がでません。

やはり何かのきっかけで自分を変えるということが必要なのが婚活です。

ただ、どうやって見た目を変えればいいのか、いまいちよくわかりませんよね。

特にファッションについては苦手な人が多いかと思います。

そういったときは、誰かの真似をする、すでにおしゃれな人を参考にしながら変えるのがおすすめです。

私が1番オススメするのは、MBという名前でファッションアドバイスをされている人の本を読んでよんで、そこに書いてある方法をそのままそっくりマネることです。

 

MBさんの本は、誰でも簡単に実践できるファッションのルールについて書いてあります。

ファッションはいくつかのルールを守ることができれば、だれでも簡単に女性ウケするような清潔感があって大人っぽい服装にすることができます。

もし婚活がうまくいかなくて疲れている状態であれば、いちど髪型とファッションを一気に変えてみましょう。

そうすることで、女性からの反応も目に見えて変えることができますよ。

 

お金に不安があるなら婚活を一度やめるのもおすすめ

婚活は長引けば長引くほどお金がかかりますよね。

婚活に疲れるのは、やはりお金を無駄にしているという感覚があるからではないでしょうか。

もしお金が無駄になっていると思うのであれば、いっそのこと一度婚活を辞めてしまうのもおすすめです。

「婚活してもお金の無駄だよなぁ…」と思いながら、いやいや婚活していてもよけいに苦しくなってしまうだけです。

そうであれば、自分が好きなこと・興味のあることにお金を使ったほうが、よっぽど人生が充実すると思います。

わざわざ無駄だと思ってガマンしながら婚活を続ける必要はありません。

 

出会いはいろんな方法をためしてみること

婚活をしていてなかなか成果が出ないときは、他の出会いの方法をためしてみるのもおすすめです。

今がんばっている婚活でいい出会いがなくても、他の方法をためしてみたらあっさりといい出会いが見つかったっていうこともあります。

こういったことを運命の出会いというのかもしれませんが、他の出会いの方法をためしてみることは意外と有効なんですよ。

たとえば、婚活と一言でいってもいろいろありますよね。

婚活パーティー・婚活サイト・イベント婚活・結婚相談所・趣味婚活など、その方法にはさまざまなものがあります。

わざわざ出会いを1つの方法にこだわる必要はありません。

自分が興味のある方法を片っぱしからためしてみましょう。

そのなかでいちばん手応えを感じるもの、続けられそうな方法を選んでみるのがいいと思います。

婚活に限らず、他の出会いの方法にしてみるのもいいですね。

出会いがない社会人男女におすすめの場所と出会う4つの方法

結婚につながる出会いはどこにあるのかはわからないものです。

自分でも思ってもみないところから出会いにつながることはあるので、婚活に疲れたと思ったときは、別の方法に切り替えてリフレッシュしてみましょう。

「うーん、でもどんな婚活をすればいいのか、いまいちよくわからない…」という方もいますよね。

しかし、マッチングアプリの「Omiai」タップル誕生、婚活サイトのゼクシィ縁結び などは、スマホさえあれば今すぐにでも出会いを作ることができます。

登録している会員の中で気になった相手にいいね!を送り、相手もいいね!を返してくれたらマッチング成立です。

年齢や職業・住んでいる地域などの条件でしぼることもできますし、顔写真を載せている人がほとんどです。

最初はメッセージのやりとりから始められるので、自分から積極的にアプローチするのが苦手な人にもおすすめです。

どれも会員登録は無料なので、まずはどんな人がいるのかをのぞいてみるのもいいでしょう。

大手企業のリクルートが運営する「ゼクシィ縁結び」

日本最大級のマッチングアプリ「Omiai」

趣味や好きなことで出会いを作れる「タップル誕生」

 

婚活は同時進行で自分の好意を分散させておく

婚活に疲れる人の特徴として、1人の女性にこだわりすぎている傾向があります。

「こんなにいい女性を逃したくない!」と焦ってしまい、空回りしてしまうんですよ。(焦るとたいてい失敗してしまいますが)

あまりにも1人の女性にこだわりすぎると、うまくいかなかったときの落ち込みが激しくなってしまいます。

婚活疲れでしんどい思いをしないためにも、何人もの女性に目星をつけておいて、その中でうまくいきそうな人にアプローチをし続けていけばいいんです。

つまりは婚活を同時進行するということですが、同時進行させたほうが結果として婚活は成功しやすくなります。

婚活の同時進行はいつまでOK?(体の関係はありなの?)

もちろんずっと同時進行をすることはできませんので、結婚を前提にお付き合いをするまでが限界です。

婚活に疲れない範囲で、自分の好意を分散させておきましょう。

そして、いざというとき、ここぞというときに1人に狙いを定めてアプローチをしていきましょう。

それまではあまり気負わない範囲で、ちょっと気になる人がいれば軽くアピールをアプローチをしていけばいいんです。

そのためにも、見た目をイメチェンさせて、いろんな婚活方法をためして出会いのチャンスを増やしておくことには意義があります。

そうすることで気楽に婚活できるようになります。

 

「周囲の無言の気づかいがプレッシャーになっています」 30代後半 男性 Wさん

「そろそろ四十歳になる独身男性です。

結婚経験はありません。

何回か女性とお付き合いをしたことはありますが、どれも長続きしません。

付き合い始めてから、半年から一年ほどで、女性のほうから別れを切り出されてしまいました。

別れの理由はいつも「一緒にいて落ち着かない」「一緒にいても楽しくない」と言うものでした。

私はやや寡黙なタイプで、友人もさほど多くありません。

友人と遊ぶときも、軽めの相づちを打つ程度で、自分から場を盛り上げようとするタイプではありません。

友人と一緒にいるという雰囲気だけで満足してしまい、それを楽しんで落ち着けるのが幸せなのです。

お付き合いした女性とも、その様な付き合い方をしていました。

若い頃は、その様な女性遍歴でした。」

「しかし、年齢を重ねるうち、親族から「そろそろ結婚して家庭を持ったほうが良いのではないか」という言葉をかけられるようになりました。

私自身もたしかにそうだと思います。

今までの様に、女性と出会うきっかけを待っているだけではダメだと考え、婚活を始めました。

それ以来、自分から積極的に出会いの場へでかけるようになりました。

今流行りの街コンへも行ったこともあります。

連絡先の交換は行いましたが、その後お付き合いに進展することはありませんでした。」

「ほかにも、婚活パーティーへ行きました。

一度、お付き合いに発展しましたが、前述のとおり、別れを切り出されてしまいました。

家族も、私が婚活をおこなっているのは知っています。

婚活を始めたときは、良い結果を期待して婚活の様子を聞いてきましたが、

回数を重ねるうちに家族もあきらめてしまったのか、結果について聞かれる事がほとんど無くなってきました。」

「そうなると、私も「自分の結婚について家族があきらめてしまった」とか、

「私は結婚に向いていないのではないか」と不安を感じるようになりました。

自分に対しても劣等感や不安感が増してきて、疲れたと感じるようにもなってきました。

周囲からは叱咤や叱責を受けることはありません。

しかし、何も言われないことに対して、自分でプレッシャーを感じるようになってしまいました。」

「婚活に時間やお金をかけることに抵抗感はありません。

女性とお付き合いすることにも抵抗感はありません。

しかし、結婚という結果を周囲に期待されつづけている状態で、婚活をおこなうことに無言のプレッシャーを感じており、そのことに対して疲れたと思うようになりました。

婚活は今でも続けていますし、今後も続けていきたいと思っています。

周囲の目もありますし、ぜひ結婚したいです。」

 

「婚活に疲れたのはいろいろな理由が考えられるかも」40代前半 男性 Yさん

婚活をし始めた頃は、とてもワクワクしていました。

どんな人と出会えるのだろう、という期待感が大きかったからなのかもしれません。

ところが、私が思っていた以上に婚活は大変でした。

結婚相談所に登録したので、わりとスムーズにお相手が見つかると思っていたのです。

お見合いパーティーにも積極的に参加しました。

しかし、現実は厳しいものです。

なかなか希望どおりのお相手が見つからず、精神的に疲れてきてしまいました。」

「まず、疲れたと感じたのは結婚相談所に登録して半年ほどたった頃です。

さすがに、半年も経ったので、そろそろ一人くらいはデートする関係性にまで持ち込みたいと思っていました。

しかし、実際には、そこまで行っていません。

じつは連絡先を交換できた人も一人もいませんでした。

そこで自分が高望みしすぎているのではと思いなおし、すこし妥協してみることにしたんです。

つまり、希望条件を緩和させてみました。

そうすれば、多少は選択の幅が広がってくるはずだと思いました。

ところが、それでもうまくいきませんでした。

私自身に何か問題があるのだろうかと思い悩むようになってしまい、それで精神的につらくなってきてしまったのです。

心が落ち込んでいるときに、お見合いパーティーに参加してもさらに疲れるだけです。

しばらく参加することは延期してみました。」

「何も行動を起こしていなくても、年会費はとられてしまいます。

他にも複数の結婚相談所に登録していました。

そのため、費用面もバカにならず、ちょっと焦るようになってきてしまいました。

この焦りも疲れたと感じる心の叫びにつながっていたように思います。

お相手が見つからないことに焦りを感じ、それが疲れたという精神状態になってしまうのは当然のことです。

しかし、私の場合、他にも理由があります。

人と話すのが面倒になってきてしまったのです。

お見合いパーティーに参加すると、初めて会った人に笑顔で積極的に話しかけます。

それがとても気疲れになってしまって、帰ってくるといつもグッタリとしてしまっていたんです。

疲れるような相手では、当然、結婚してからでも疲れてしまいますよね。」

「もっと気軽に話ができて、疲れることなく楽しい気持ちで帰ってこられるようなお相手ではないと、結婚には向きません。

しだいに、もしかしたら私には婚活そのものが性格的に合っていないのではないかとすら思うようになってしまったんです。

友人に相談したところ、少し時間を置いた方がいいとアドバイスをもらい、それからは結婚相談所も退会しました。

今は婚活をせず、自分の趣味を満喫しているところです。」

 

「婚活に疲れた私の原因は、気負い過ぎたことにあります」 40代後半 男性 Fさん

「婚活することを周りに勢いあまって断言してしまったことに、後々になって苦しめられることになろうとは思いもよらず、活動をスタートさせました。

結婚適齢期から若干過ぎたものの、いまだに結婚できない理由は、よくばり過ぎたことが一番に挙げられるとおもいます。

気負い過ぎた結果が、今に結びついていると感じています。」

「努力や頑張る言葉は自分自身を追いつめ、しまいには「もう疲れた…」という言葉が口から出るほどです。

簡単に好きな人が現れて、トントン拍子でことが進むと思っていた自分の不甲斐なさもあり、2年目以降の活動期間中は楽しむ余裕が無かったように思えます。

私にとって結婚は一生を左右する、または、幸せの良し悪しが決まると思える内容だと感じていて、結婚できないことが負け組だと思われるのが嫌でした。」

「自分の人生そのものを否定されているようで、合コンや街コンを手始めに活動をスタートさせましたが、友達以上の関係にはなかなか結びつくことができずにいました。

出会いの場を提供する結婚相談所や、今では若い世代には主流となっている出会いのコミュニティにも参加していました。

この頃の私は戦闘モード全開で、どんな人が参加しているのか、カップルとして成立するかなど、プレッシャーばかりが重くのし掛かっていました。

回を進めるごとに気持ちばかりが焦り出し、慣れない出会いの場や異性に疲れることもしばしばありました。

結婚をゴールととらえずに、幸せになるための1つの手段だと考えることを相談所の婚活アドバイザーから指摘を受けたことで、今はゆっくり自分のペースで活動中です。」

「特に疲れた原因の1つには、自分磨きが挙げられます。

出会いもあるし、条件に合う異性も私の周りには沢山いるものの、お付き合いに進展しないのは自分に魅力が無いのではないか、そう感じたからです。

内面や見た目も、その人の印象を左右すると考え、自分磨きを同時進行させていました。

ファッションにお金を使いましたが、活動費もネックとなる点です。」

「話し方講座などにもチャレンジしたり、お食事に誘われることもあるのでマナー講座にも参加していました。

あれもこれも手をつけた結果、休日に趣味が楽しめない、身体も心も一時的ではあるものの、お疲れモードにおちいり、活動を一旦リセットすることにしました。

自分を磨くことは必要ですが、ありのままを受け止めてくれる異性探し、また、活動は楽しみを見出しながら行うことを今は改めて感じています。」

大手企業のリクルートが運営する「ゼクシィ縁結び」

日本最大級のマッチングアプリ「Omiai」

趣味や好きなことで出会いを作れる「タップル誕生」