疑問男1

ボランティア活動で出会いがあるって聞いたことあるんですが、本当なんですか?

ゆーじ

うーん、、まあたしかに出会いがあるにはあるんですけど、そんなに期待しすぎないほうがいいですよ。

たしかにボランティアで出会いがあったっていう人はいます。

でも、それはあくまでボランティアが好きで続けていた結果、仲良くなった人たちの中でたまたま恋愛関係になったっていうだけなんです。

最初から出会い目的でボランティアに参加しても面白くないし、そんなに出会いばっかりあるわけじゃないんですよね。

出会いがほしいんだったら、もっと他の方法のほうがいいと思います。

疑問男1

なるほど、、やっぱり出会い目的には向いていないんですか。

たしかにそんな簡単に出会いにはつながらないですよね。

出会いを探すとなると、何がいいんでしょうか?

ゆーじ

出会いがほしいなら、それこそ街コン・恋活パーティー・マッチングアプリ・恋活バスツアーいろいろありますよ。

そういった出会いのきっかけが作れるところに参加したほうが、よっぽど出会いのチャンスは広がると思います。

もっと自然な出会いがいいっていうなら、習い事とかスポーツサークルっていう手もありますけどね。

ボランティアだから出会いがあるっていうのは安直すぎる考え方です。

困った男性1

うーん、、街コンかぁ。

以前参加したことはあるけど、あんまり良くなかったんですよね。

でも、他の出会いの方法はまだためしてないんで、そっちのほうで頑張ってみようかな。。

ゆーじ

どちらかというと、ボランティアは恋愛関係じゃなくて、単純に人とのつながりができる場所だと思います。

同じ社会的な問題とか貢献したいという気持ちを持っている人たちが出会い場所って言ったほうが合っているでしょうね。

出会いだけを目的にすると、はっきり言って効率が悪すぎるんですよ。

ボランティアに参加するのは休みの日や仕事帰りになるでしょうから、あなたの時間をそれなりに使うことになりますから。

笑顔男性1

たしかに人脈は広がりそうですね。

ともあれ、ボランティアをするには何か社会貢献をしたいとか、そういった気持ちが必要になりますよね。

出会いはその過程であればいいかなくらいってことでしょうか。

ゆーじ

それでもボランティアに参加したいっていうのなら、いろいろ探してみるといいですよ。

ボランティア活動って探すとたくさん出てきますから。

ボランティア団体だけじゃなく、地方自治体で募集していることも多いですし。

自分が活動してみたい内容に合っているものがあったら、一度見学かボランティア体験さしてもらってみてはいかがでしょうか。

 

出会い目的でボランティアに参加するのは効率が悪い

大学生や社会人の中には、恋愛したいけど出会いがなくて悩んでるという方もいますよね。

「職場じゃあ出会いなんて期待できない…」

「どこで出会いを見つけたらいいのかわからない…」と悩んでいる人はいっぱいいます。

そこで思いついたのが、ボランティア活動での出会いではないでしょうか?

「ボランティアって男女とも参加できるみたいだし、歳が近かったら出会いにつながるかも?」って思いますよね。

その一方で、「ボランティア活動って出会いがあったりするの?」

「出会い目的でボランティア活動に参加するのはありかな?」という疑問があるかと思います。

実際のところを言いますと、「ボランティアで出会いがあるかもしれないけど、出会い目的で参加するのはおすすめしない」という結論になります

たしかにボランティアで出会いがあったっていう人もいます。

しかし、出会い目的でボランティアに参加しても、あまりいい思いはしないんですよ。

やっぱり、あくまでボランティア活動をすることが目的であって、その延長として出会いがあるかもしれないよっていうところです。

出会い目的でボランティアに参加しても、期待はずれになってしまうことがほとんどなんですよ。

あとは、就活の面接ネタとして、ボランティアに参加しているという人もいるようです。

そういったボランティア活動よりも他に目的があると、だいたいの場合はうまくいきません。

出会い目的で参加しても、そんなにたくさん出会いがあるわけじゃないし、出会いにつながる効率が悪いんですよね。

ちなみに、面接時のネタとしても、本気でボランティアをやっていた人と比べると体験としてのネタが薄すぎるため、面接官へのアピールにはなりません。

相手は人を見るプロですし、本気でボランティアをやっている人とは熱量が違うことはバレてしまいますから。

そもそも、ボランティアって興味がないとなかなか続かないんですよね。

「なんで自分の休日を使ってまでゴミ拾いなんてしなきゃいけないんだろ…」とか、

「全然出会いなんてないじゃん、、かったるいなぁ。。」なんて思いながらボランティア活動を続けれないでしょう?

社会的に意義を感じるとか、なんらかの方法で誰かの役に立ちたい!という想いがないと、なかなかボランティアはできないものです。

たとえそれが自己満足でもいいんですよ。

自分自身が「ボランティアをしたいから参加している」のであれば、理由はなんでもいいと思います。

そのついでに、「もし出会いもあったらラッキーかも」くらいの気持ちでいるくらいがちょうどいいでしょうね。

ボランティアだから特別出会いの確率が高いということはありません。

興味がないのにボランティア活動をしている団体や、場所・日にち・活動内容を調べるのも手間ですし。

自然な出会いを期待するのであれば、あくまでボランティアは選択肢の1つにしか過ぎません。

 

ボランティアは人のつながりが広がる

ただ、他の出会いと違うところは、社会的な意識が高い人と出会えるチャンスがあるかもしれないということでしょうか。

ボランティアに参加するということは、自分の私利私欲のためだけに参加しているという人はいないはずです。(出会い目的や就活目的で参加することは私利私欲なのかもしれませんが)

なんらかの形で社会に貢献したいという意識が高い人たちが参加しているように思います。

そういった人たちと触れ合いたい、コミュニケーションしたいというときにボランティアは絶好の場所になることでしょう。

そういった意味では、ボランティア活動は恋愛目的よりも、人とのつながりに期待したほうがいいかもしれませんね。

ボランティアに参加している人って、本当に年齢・性別・職業が幅広いので、普段あなたが生活しているだけでは出会えない人と出会うことができます。

そうした人脈から友達の輪が広がり、ふとしたきっかけから出会いがあるかもしれません。

ボランティアは恋愛というよりも、自分の世界・見聞を広げるために参加したほうが意義があるかと思います。

たとえば、国際交流ボランティアだったら、海外の人とコミュニケーションすることができるし、語学をためす機会にもなります。(ひょっとしたら、外国語系の大学生との出会いがあるかもしれませんね)

他にも、病院でのボランティア・図書関連・清掃・防災支援・災害支援など、ボランティア内容は多岐に渡ります。

ボランティアではありませんが、地方を盛り上げるための武将隊なんてほとんどボランティアですが、もしかしたらモテるかもしれません。笑

動物保護のボランティアも地域性が高いので、どの市町村にも動物保護で活動している団体はあります。

それと、出会いを目的にしにくいのは、ボランティア活動がほとんど団体で行なっているところにあります。

あんまり単発だけのボランティアって少ないんですよね。

もちろん単発のボランティアイベントもあるにはあります。

清掃活動・イベントのボランティアスタッフ・海外ボランティアは単発なのが多いと思います。

しかし、ほとんどのボランティア活動は団体として、継続的に行なっているものが多いんです。

そのほうが効率的だし、活動の内容も広げることができます。

当日かぎりのメンバーだと、どうしても簡単なことしかできなかったり、毎回毎回みんなに説明して教えてあげたりするのは手間ですからね。

また、ボランティア活動をするのにお金はかかりませんが、現地への交通費・食費はかかります。

そして、コストとして一番かかるのは、あなたの時間です。

出会い目的で、あなたの貴重な時間を使ってまでボランティアに参加したのに、なんの成果もなかったらがっかりしてしまいませんか?

ボランティア活動が目的なら喜んで時間を割くでしょうが、出会いが目的だとそうはいきません。

出会いを求めてせっかくの休日を使うのであれば、お金を払って街コンや合コンに参加したほうがよっぽどいいと思います。

それが嫌だという場合は、習い事や社会人サークルなどで自然な出会いにまかせるしかありません。

20代・アラサー社会人男女との出会いが多い習い事・趣味はこの4つがおすすめ!

 

おすすめのボランティアの探し方はこれ!

出会い目的ではそれほど期待できないけど、それでもボランティアには参加してみたいという方もいるはずです。

実は、ボランティア活動ができる機会は、探すとけっこうあるんですよ。

出会いにつながりそうで、なおかつ気軽に参加できるボランティア活動として清掃活動があります。

清掃活動はゴミさえきちんと拾っていれば、会話しながらでも活動できるので参加しやすいという特徴があります。

なおかつ、年齢層も20代〜30代と比較的若い人たちが多いので、出会いにつなげるにはちょうどいいんじゃないでしょうか。

清掃活動のボランティアに参加したいなら、「greenbird」が一番おすすめです。

greenbirdは清掃活動をメインにしたボランティアプロジェクトで、全国各地で活動しているメンバーがいます。

参加申し込みも必要ないので、あなたが住んでいる地域の清掃スケジュールを確認して、当日現地に行くだけなので、非常に手軽です。

ただし、活動内での勧誘禁止を明記してあるので、出会いにつなげたい場合は活動が終わった後で連絡先を聞くなどの配慮は必要ですね。

清掃活動以外で、まず一番最初に探すべきはあなたが住んでいる都道府県・市町村が主催しているボランティアです。

たとえば、私が住んでいる愛知県でボランティアを探すとなると、名古屋市市民活動推進センター愛知県福祉協議会ボランティアセンターでボランティアを募集しています。

基本的にどんな都道府県・市町村でもボランティア活動をしているものなので、一度確認してみてください。

自分の街で活動しているので通いやすいかと思います。

そういった公的な機関が募集していないボランティア団体を探すのであれば、Yahoo!ボランティアジモティーアクティボあたりで募集していることが多いです。

ここらへんで募集しているものは様々で、ボランティアだけでなく、啓発活動のイベントや農村体験ボランティアなど幅広く募集しています。

農業・牧場・ペンションでの仕事を体験してみたいという場合は、ボラバイトというサイトがあります。

ここは正確にはボランティアというわけではなく、安い時給で半分ボランティアみたいな感じだけど仕事体験してみない?という感じになっています。

お金が目的ではなく、あくまで地域の人たちとの触れ合いや体験を重視するというものです。

そういった意味合いではボランティア色が強いと言えるでしょうね。

海外ボランティアに強いのは「地球の歩き方」です。

こちらにはボランティア活動が主体の海外旅行が募集されています。

だいたい1週間から10日程度のものが多いようです。

現地の人たちと交流をするので、語学力もあったほうがコミュニケーションがとりやすいと思います。

 

恋愛したいならマッチングアプリがおすすめ

探せば出会いはいくらでもあります。

もし、あなたが本気で出会いがないと悩んでいるのであれば、タップル誕生with(ウィズ)などのマッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリを利用するメリット

  1. スマホがあれば今すぐにでも出会いを作れる
  2. 年齢や見た目を選んでアプローチできる
  3. 最初から1対1でデートできる

withは心理学と統計学を活用して、好きなことや価値観が似ている人と出会うことができるという特徴があります。

タップル誕生はアメブロで有名なサイバーエージェントが運営しているマッチングアプリです。

趣味や好きなことでつながりやすいため、顔だけで選びたくないという人におすすめです。

これらのマッチングアプリは、Facebookのアカウントか電話番号・メールアドレスのどれかがあれば利用することができます。

匿名で利用することはできないので、身元がちゃんとわかる人としか出会えないようになっています。

合コンとかだとわざわざおしゃれして出かけないといけないし、ターゲットがかぶるとなにかとめんどくさいですよね。

いきなり初対面で話すことが苦手な人にも、マッチングアプリはおすすめですよ。

どちらも無料で登録できるようになっているので、どんな感じなのか宝探し感覚でためしてみるのもいいでしょう。

出会い目的でボランティアに行く前にためしてみる価値は十分にあると思いますよ。

タップル誕生の無料ダウンロードはこちら

趣味や好きなことが同じ人が見つかりやすい「with(ウィズ)」

 

出会いがない恋愛難民の社会人にマッチングアプリをおすすめするワケ

 

ボランティアを通じて出会いがあったという方々の体験談

出会い目的でボランティアに参加するのはおすすめしませんが、それでもまったく出会いがないというわけではありません。

ここではボランティアで出会いがあったという方々のエピソードを紹介しています。

「結果としてボランティアがきっかけでお付き合いをするきっかけになりました」 20代後半 男性 Sさん

「社会人として働きだし良い出会いのきっかけもありませんでしたが、特にそれほど焦ってはいませんでした。

でも、年齢を重ねていき周りが結婚しだしたりすることにより、徐々に焦りを感じるようになりました。

合コンや紹介では、なかなかいい出会いはなさそうだなと思ったので避けていたんです。

だからと言って、婚活パーティーや婚活サイト、ましてや結婚相談所に行くのは嫌だし大袈裟だと思ったので、どうしたら良いかわからずさらに悩むことになりました。

どうしようかと思っていたときに、たまたまボランティアの募集を見て、以前から何か人の役に立つことをしたいと思っていたので、ボランティアに参加することにしました。

いろんな種類のボランティアがありましたが、海岸のゴミ拾いなら簡単だし、初めてでもまわりに迷惑をかけることなく参加できそうだなと思ったので、足を運ぶことにしました。

当日は一人で参加している人も多かったので、自分が一人でも気にならなかったし、みんな自分と同じ気持ちの人なんだなと思うと、なんだか嬉しくなりました。

海岸のゴミを拾っているうちに、まわりの人が話しかけてくれたり自分から話しかけたりと、だんだんと参加している人たちとも打ち解けていきました。

人のためになりたいと考えている人が参加しているということもあり、みんな誠実で真面目という印象でした。」

「数時間のゴミ拾いの間で、良い人だなと感じる人がいて、とても自然に話をすることができたし、ボランティアにはよく参加するということで、今まで参加したのはどんなものがあるのかなども教えてもらったり、楽しく過ごすことができました。

終わる頃には、その人に惹かれている自分がいることに気づきました。

出会いを求めて参加したわけではもちろんなかったので、そんな気持ちになったことにびっくりしましたが、最後に何人かの人たちと連絡先を交換することになりました。

その後、他のボランティア活動に一緒に参加することになり、そこでも楽しく過ごすことができ、私はついに好きになった人を食事に誘ってみることにしたんです。

すると、なんとOKの返事をもらうことができました!

ボランティア活動で会っていることがきっかけになり、食事に行くことができたし、その後も何度かデートをしてお付き合いをすることになりました。

まさかこんな出会いがあるとは思わなかったし、参加してよかったなと感じました。

自分から何かしようと新たな行動をとることによって、思いもよらない良い出会いがあるんだなということを身を持って実感することができました。

 

「ゴミ拾いのボランティアに参加して出会いがありました」 30代前半 男性 Eさん

「学生時代にボランティアに参加したことがあります。

その地域にある湖の周辺が汚れていたいので、丸1日かけて掃除をしたのです。

夏のとても暑い時期だったので、参加することにためらいの気持ちがあったのは事実です。

しかし、その時の自分は彼女と別れたばかりでしたし、サークル活動もしていなかったので暇でした。

正直なところ、打ち込めることがなくて困っていました。

つまり、最初は軽い暇つぶしのつもりで参加してみようと考えただけです。

ところが、この気まぐれが、とてつもない幸運を呼び寄せることになりました。

信じられないような素晴らしい出会いが待っていたからです。

現地に着いてみると、イメージしていたより多くの参加者がいました。

軽く30人以上は超えていましたし、年齢層も非常に幅広かったと記憶しています。

自分は初めての参加でしたが、毎年手伝っているという人も多いです。

参加者は5人ぐらいのグループに分けられて、主催者に指定された場所の清掃を担当します。

自分のグループが担当したのは湖の東側で、かなりゴミが多いところでした。

その光景を見て「さすがにこのゴミの量は面倒臭いなぁ…」と感じていると、とても元気な声で後ろから話しかけられたんです。

驚いて振り返ると、そこにいたのは自分と同じぐらいの若い女性で、溢れんばかりの笑顔に目を奪われたことを覚えています。

その女性は自分だけでなく、続けてグループの人たちに向けて激励の言葉も述べていました。

虫のいいことですが、それを聞いてテンションは一気に上がり、さっきまでの憂鬱な気分が吹き飛んで、ゴミ拾いに専念することができました。

その女性とゴミを拾いながら話しているときに自分が通っている大学名を告げたところ、その女性は驚いた顔をして、「私も同じ大学に通ってるよ!」と言ったのです。

学部は違いましたが、非常に近い距離で学生生活を送っていることが分かりました。

それをきっかけとして話は盛り上がり、その女性と一気に仲良くなることができたんです。

もちろん掃除をしながらでしたが、いろいろな会話をして楽しかったことを懐かしく感じます。

そのボランティアは1日だけでしたが、彼女とは大学でもたびたび話すようになり、一緒に食事に行く仲になりました。

それから数カ月後に正式に交際をスタートさせ、自分の学生生活はまさしくリア充だったと思います。笑

 

「友人に誘われたボランティアで彼氏ができました」20代前半 女性 Tさん

「私は数年ほど前に、初めてボランティアを経験しました。

それは児童養護施設で人形劇をするというもので、大学時代の友人が参加しているサークルがあり、友人から誘われて参加したことがきっかけでした。

友人からいろいろと話を聞いており、私も次第に興味を持つようになりました。

人形劇をやったことはありませんでしたが、私の役目はあくまでサポート役ということで、初心者であっても簡単にできるからと言われ、思いきって参加することにしてみたんです。

初めてのボランティアは、最初から最後まで緊張してしまいました。

たくさんの子供たちを前にして、視線を浴びながらというのはドキドキの連続でした。

しかし、初めこそ無表情だった子供たちが、人形劇が進むにつれてどんどん表情が明るくなっていく様子を目の当たりにして、見ている私まで楽しい気分になっていくように感じられました。

劇の物語の世界に入り込んでいく子供たちを見ていると、ボランティアという役割が持つ重要性がよくわかり、私まで幸せな気分に浸ることができました!

そして、このときのボランティアで、私にはもう1つ大きな出会いがありました。

それが現在交際をしている彼との出会いで、もしも友人から誘われずに参加していなかったらと考えると、彼とも出会うことができなかったかもしれないと考えると、なんだか運命的なものを感じずにはいられません。

彼はサークルに長く在籍している3つ年上で、初めての参加で何もわからずに緊張している私のことを心配して、さりげなくいろいろとサポートをしてくれていました。

第一印象から優しい人だと思っていましたが、子供たちへの接し方もとても優しく、私の中で彼への思いが膨らんでいきました。

この出会いを大切にしたいと考えた私は、それからもボランティアに参加していました。

そして、ついに勇気を出して、自分から彼を食事に誘ってみたんです。

これまでの私はどちらかというと恋愛に関して消極的で、自分から男性を誘うというようなことはできないタイプでしたが、このままあこがれているだけでいるのが嫌で、思いきって行動を起こすことができたんです。

嬉しいことに私の誘いを彼は受け入れてくれて、初めての食事は焼き鳥屋で楽しい時間を過ごすことができました。

それから自然な流れで何度か食事をともにすることが続き、彼から告白をされたときは心の底から嬉しかったですね。

最初のうちはボランティアでも私は何も役に立たなかったかもしれませんが、しだいにその重要性と楽しさに目覚め、正式にサークルに入会しました。

そして、彼との付き合いも順調に続いています。」